ハーバード大学ラムザイヤー教授へのサポーティング・レター


2021年3月6日、AJCNは慰安婦問題に関する論文を書き反日韓国系団体やアメリカ人学者らの個人攻撃を受けているラムザイヤー教授に応援のメールを送りました。教授からは短いですが丁寧なご返事を受け取っています。

AJCNは歴史の捏造によって日本を貶める活動を、歴史の真実を一つ一つ発掘、公表することによって抑制しようとする運動を支援するとともに、オーストラリアにおいてその一端を担っています。



Subject: Supporting Letter from AJCN


Dear Professor John Mark Ramseyer, Harvard Law School,

I am President of Australia-Japan Community Network (AJCN ) confronting Chinese and Korean anti-Japan organizations in Australia on the issue of Comfort Women since April 2014. You wrote the treatise about Comfort Women issue and many people supporting Korean baseless insistence on which Comfort Women were sex slaves abstract you personally not by logical counterargument.

We, AJCN want to support you in every aspect.

This is English version of our article in blog.

http://jcnsydney-en.blogspot.com/

 

I believe it contains contents that you can use as a reference when writing your counter-arguments.

I think  the articles below are the ones that are most strongly related to your opinion, so please read them.

 

A letter sent by AJCN to the Mayor of Mitte, Berlin

http://jcnsydney-en.blogspot.com/2020/10/a-letter-sent-by-ajcn-to-mayor-of-mitte.html

 

Letter to Melbourne Mayor

http://jcnsydney-en.blogspot.com/2020/01/letter-to-melbourne-mayor.html

 

Best Regards,


Sumiyo Egawa

President,

Australia-Japan Community Network





AJCNよりベルリンのミッテ区区長に送った手紙

2020年10月20日にAJCNよりミッテ区区長あてに慰安婦像撤去を要請する二つの手紙を送りました。

一つは市民目線で豪州での慰安婦像問題に焦点をあてたもの、もう一つはFactベースの歴史的記載(リファレンス付き)をメインにしたオープンレター形式のものです。このブログではオープンレターを公開します。



Open Letter


October 20, 2020
Mr. Stephan von Dassel
The Mayor of Mitte city 
Der Bezirlsbürgemeister,
Bezirksamt Mitte, Berlin Germany
bezirksbuergermeister@ba-mitte.berlin.de


Dear Mr Dassel,

Re: Comfort Woman Statue: A means for discounting, isolating and exploiting Japan

C:\Users\Owner\AppData\Local\Temp\enhtmlclip\Image(1).png
Figure 1. The opening ceremony of the Comfort woman Statue in front of the Glendale Central Library, Glendale California, the US; A woman holding a large portrait of the Japanese Prime Minister, Shinzou Abe with a Hakenkreuz (Swastika) on his face, propagating Prime Minster Abe as Adolf Hitler, July 31, 2013.


Introduction
My name is Sumiyo Egawa, a resident of Sydney Australia, and the President of Australia-Japan Communication Network (aka AJCN).  AJCN is a small volunteer group of Australian and Japanese parents, who are concerned about the safety and security of the minority ethnic groups’ children live in Australian.  The current activity of AJCN is mainly, protecting children of Japanese heritage from schoolyard bullying by other children who might be misinformed and misguided by Anti-Japan propagandists, in particular activists affiliated with Chinese and Koreans groups.
The purpose of writing this letter to you is to express my, the AJCN members, and many other Japanese (in and outside of Japan)’ disappointment and sorrow at the news that you have withdrawn the previous decision to remove Comfort Woman Statue from your city, the Mitte District of Berlin.   Your decision enables the Korean group to continue propagating their ambitious, corrupted and commercialized political Anti-Japan campaign until the Court's decision is delivered.  Through this letter, I am trying to explain the truth behind Comfort Woman Statue in order to avoid engulfing Mitte, an unrelated city, into an ugly dispute over Comfort Woman Statues, a matter of contention between Japan and Korea. 


Korean Comfort Women were Well paid prostitutes during WWII
Firstly, please consider the context that all “evidence” that Koreans claim support that the Imperial Japanese Military Force kidnapped 200,000 Korean girls and made them as sexual slaves (euphemized to Comfort Women during WWII) are based on malicious lies, designed to harm and discount Japan’ reputation.  
These Korean wartime prostitutes earned attractive amounts of incomes (equivalent or more than a Japanese Army Colonel’s income; for example, Ms Moon Okuju, one of the Ex-Comfort Woman’s bank account balance shows that she could buy three free-standing houses in Tokyo in the 1940s, attached Photo. 4) and worked at various brothels in Asian war zones*1.   The Imperial Japanese Military did assist and protect these prostitutes' movements from the Korean peninsula to various brothels and vice versa as there were no sufficient and safe means of transportation during the war.  The Japanese Army was also concerned for these prostitute’s welfare and health.  On the other hand, there were no major violent incident or mistreatment against prostitutes by the Japanese Military.  There was No major violent incident between prostitutes and Japanese soldiers reported in newspaper articles, official documents and primary sources available, except for one isolated case in Indonesia.  The Japanese Government has officially admitted the Semarang incidents in the Dutch East Indies, in where Ms Jane Ruff O’Herne and some other Dutch women were forced into prostitution by a few Japanese soldiers.  The Japanese Government has apologized and compensated those Dutch women, and the Japanese soldiers involved in this case were severely punished, and one of them was sentenced to death by hanging.  The late Ms Jane Ruff O’Herne was the only Ex-Dutch Comfort Woman, who campaigned against Japan with the Korean Anti-Japan propagandist group.  

クライブ・ハミルトン著『サイレント・インベージョン』日本語版発売記念プレゼント企画 当選者発表!

 2020年9月12日

NSW州に住んでおられる方々を対象とした『サイレント・インベージョン』日本語版「身に見えぬ侵略―中国のオーストラリア支配計画」15冊のプレゼント企画は、8月末に締め切られました。90人を超える方々が応募され、抽選の結果下記の15名の方が当選されました。(敬称略)

当選者へは発送済みです。万一着いていない場合はご連絡ください。

tomo(Yahoo)、Kikumasa、Tomo(gmail)、Tosh、かげまる、Yoshi、かずとも、738、アニータ、Buka、シンゴ、アレクサンダーちゃん、Yukky、Chiz、いかちゃん


なお今回のイベントには翻訳プロジェクトの和田プロデューサーと翻訳者奥山真司様、出版元飛鳥新社の全面的な協力をいただきました。また著者のハミルトン教授もこのイベントについて賛同いただいております。この紙面で協力いただいた関係者の方々にお礼申し上げます。





Cheers AJCNコラム位置変更について

 

シドニーのフリーペーパーであるCheersには毎月AJCNのコラム「AJCNのオーストラリア通信」が掲載されておりますが、編集部の編集方針の変更により、月次の紙面からCheersウェブサイト上に用意された、自由に記事を書き込めるブログスペースにコラムの位置が変更になりました。シドニーの情報メディア(フリーペーパー)はコロナ禍で一紙を除き、ほとんどが紙媒体での月次刊行を取り止めております。Cheersはデジタル版の月次号も作成して、ウェブサイトから読めるようになっていますが、目的の記事までそれなりのステップを踏まねばならないため一覧性に欠け、読者が容易に読むことができません。Cheersと並び発行部数の多い日豪プレスは月次号の作成を止め、ウェブサイトでの情報提供に統一しています。AJCNとしてはCheers編集部からの申し出を歓迎し、従来の月一より多い頻度で情報を発信し、AJCNの公式ブログと同期したリアルタイムでの記事提供を目指します。Cheersのコラム記事へのアクセス方法については別途連絡いたします。




デカップリングの時代到来、米中激突に備えるオーストラリア

AJCN代表 江川純世


くしくもクライブ・ハミルトン教授のSilent Invasion日本語版が5月末に発刊された直後から、中国と米国、英国、日本などの自由主義国、中国と国境問題を抱えるインドの関係は緊張の度合いを増している。昨年からの米中の貿易戦争という背景に加え、今年に入って武漢ウイルスのパンデミックが世界を襲い、中国のウイルス情報の隠ぺいとマスク外交、戦狼外交(趙立堅報道官に代表されるストロングスタイルで周辺国すべてを敵にするスタイル)が各国の政府を怒らせ、中国に対する警戒感が噴出している。豪州は4月中旬に中立的、独立したウイルスの起源に関する調査を世界に呼びかけた。ごくごくフェアーな要請であったが中国政府の怒りを買い、牛肉の一部輸入停止とビールや豚の飼料に使用され、800万トン以上生産されている大麦の中国向け輸出(生産量の半分以上)に対する80%という大幅な関税引き上げという報復を受けている。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は6月17日、下院歳入委員会で行った証言で、米中経済の分断は現実的な選択肢ではないとの認識を示したが、これを受けてトランプ大統領は翌18日にツイッターに「ライトハイザー代表の間違いではない。米国はさまざまな状況で、中国との完全なデカップリング(分断)という政策上の選択肢を当然維持している」と書き込み、中国との関係を絶つことも辞さない構えをあらためて示した。