フィラデルフィア市の慰安婦像設置問題、その後の展開


2022年8月24日 AJCN代表 江川純世


昨年2021年から、米国ペンシルバニア州フィラデルフィア市の公園に慰安婦像を設置する計画が進んでいます。 平和の像計画 the Statue of Peace projectと称していますが、韓国ソウル日本大使館前の慰安婦像と同じものです。設置活動の中心となっているのはフィラデルフィアの韓国系の団体 The Korean American Association of Greater Philadelphia (KAAGP)です。 資金集めサイトには、「 1932-1945年に日本帝国陸軍によって強制的に性奴隷にされたアジアとオセアニア地域の20万人の少女と女性 (200,000 girls and women from Asia and Oceania who were removed from their homes and coerced into sexual slavery by the Imperial Armed Forces of Japan between 1932 and 1945.)」を記念するためと書いてあります。 このフィラデルフィア慰安婦像計画に対して、韓国ソウルで市民団体が反対の声明を発表しました。

AJCNは、慰安婦像設置反対を表明しているフィアデルフィア市の日本人会に今までの経験に基づき助言し、支援しています。また岸田文雄首相、林芳正外相、故安倍晋三元首相、萩生田光一経産相、自民党佐藤外交部長あてに「フィラデルフィア市公用地への慰安婦像設置計画に反対する日系人に対する支援のお願い」という嘆願書を2022年2月に提出しました。またAJCNは3月9日、設置反対の意見書をフィラデルフィア市長とフィラデルフィア市の芸術局の各メンバーに送りました。




その後の展開

1.3月中旬、フィラデルフィア市長は、この論争の的となっている問題のすべての側面が明らかになるまで、決定を「延期」することを決定しました。 日本人会、AJCNはじめ世界中からの反対意見の声が市に届き、市長のこの判断に至ったと日本人会からお礼の報告がありました。

2.その後、設置を推進するグループを含め慰安婦像設置に関する顕著な動きがありません。これは多くの反対意見、懸念を述べた手紙が継続して効果的に市に対する圧力として機能しているためと思われます。ただし設置計画が確実にとん挫したと言う状態にははるかに遠いと言うのが実感です。設置反対派は慰安婦設置問題を、フィラデルフィア市芸術局の会議の議題として取り上げさせないようにすることに今まで成功しました。これは一種の勝利と言えるかもしれません。

3.しかしながら最新のニュースでは、今まで12カ月ほど活動していなかった設置推進グループによるフォーマル・プレゼンテーションが9月19 日の委員会で行われるとのことです。これはたぶん、韓国大統領が今年、保守系の尹錫悦氏に代わり、日韓関係が改善される兆しが見えてきたので、「切迫感」が推進グループを突き動かし、今、設置許可を勝ち取ろうとしているのではないか、または次期市長選に出馬する候補が、このスキャンダルになりそうな案件を現市長の間に処理させようとしているのではという見方があります。この9月19日のSpecial Meetingでは慰安婦像設置問題に関するコメントや意見を求めておりますので是非、意見を下記のメルアドに送ってください。


日本人会は設置反対派のポジションをサポートするより多くの手紙を出してほしいと強く希望しています。皆さん方からの設置反対意見の手紙を下記2か所に送っていただきたくお願い申し上げます。

手紙の送付先
1) Phiadelphia市  city.rep@phila.gov
2)フィラデルフィア日本人会Japanese Association of Greater Philadelphia(JAPG)

 JAGPサイト:https://jagphilly.org/  

【申請されている設置予定場所】 ペンシルバニア州道95号線に沿ったFront Street

















AJCNから米フィラデルフィア市長に「慰安婦像設置に反対する意見書(手紙)」をメールで送りました

米国第6の大都市であるフィラデルフィア市当局は2023年に慰安婦像を日本を中傷する碑文が刻まれた碑と共に市の公用地に設置する計画です。フィアデルフィアの慰安婦像設置の動きは2012年から始まっており、市が認めた暫定的な設置計画企画スタ―トは2021年です。

AJCNはフィアデルフィア市長あてに翻意を促す意見書を3月9日に送りました。

予定されている碑文の内容は以下の通りです。


平和像

この像は、1931年から1945年に日本帝国軍による性奴隷制の被害者となったアジア、オセアニア、欧州の何十万もの少女と女性を追悼するものです。

1991年に生き残った者たちが恥辱と沈黙の連鎖を断ち切り証言しました。そして過去を直視し平和を築き、これからの世代の女性たちを護るよう世界に呼びかけました。

フィラデルフィア平和プラザ委員会


慰安婦問題は今となっては日韓間の表立っての外交上の争点となってなっていませんが、慰安婦像は海外特にアメリカでは反日プロパガンダのツールに利用されています。学術的には慰安婦は契約売春婦との論文がラムザイヤー教授によって出され、これに対する証拠をに基づく反論の論文は出されていませんが、教授は猛烈な米国の韓国人ソサエティーと反日学者の圧迫を受けています。数人の韓国人教授からラムザイヤー教授と同等見解論文がすでに出版されていて、金柄憲教授は日本大使館前にて毎週水曜日に行われている反日運動に対抗して反慰安婦像建設運動を行っています。  

AJCNは現地の反対の意思を表明している日本人会(Japanese Association of Greater Phiadelphia)をサポートしています。




Mr. Jim Kenney, The Mayor of Philadelphia


Re: The installation plan of “Statue of Peace” in your city

My name is Sumiyo Egawa, a Japanese resident of Sydney, Australia, and the President of the Australia-Japan Community Network (aka AJCN).  AJCN is a small volunteer group of Australian and Japanese parents concerned about the safety and security of our children living in Australia.   

I am extremely saddened to hear about your plan to install an art object, the so-called "Statue of Peace," in your city.  I object to the proposed project for the following five reasons.


  1. "Statue of Peace" cannot be classified as art
    There are at least a dozen similar statues in the US alone, some in Europe and almost fifty in South Korea.*1     Statues of Peace have no originality, and manufacturing the statues has been a lucrative business for the Korean couple sculptors Kim Seo-kyung and Kim Eun-sung.  They have duplicated the original Comfort Woman statue or similar ones since 2011.  


  2. Korean Activists Use “Statue of Peace” for the purposes of Japan Discounting and Bashing
    In the case of the “Statue of Peace” in Glendale in 2013, Glendale Mayor Dave Weaver was not sufficiently informed of the script's content upon the Statue, before it was constructed.  Later, the Mayor issued a letter of regret about Comfort Women Memorial.*2  The engraved fabricated message unfairly targeted and condemned Japan, and Japanese soldiers, who fought during WWII.  On the other hand, the inscriptions conceal Korean soldiers’ atrocious behaviour towards Vietnamese women during the Vietnam War, resulting in the births of many Korean-Vietnamese children, known as Lai Dai Han.


  3. Anti-Japan Romanticism is known as Han-Nichi in South Korea
    A few years after WWII ended, successive Korean governments used negative Romanticism for its political advantages and propaganda against Japan.  The Korean education system implanted the Anti-Japan mindset within Korean children's tender minds.  This phenomenon is openly explained in the book "Anti-Japan Tribalism," written by the six Korean academics, published in 2019.*3  This book is written in the Korean language to inform ordinary Koreans of the truth about Comfort Women.


  4. The mini-battlefield of For and Against Comfort Woman Statue in Seoul
    Since the first statue was built in Seoul in 2011, opposite to the Japanese Embassy building, the Anti-Japan campaign has intensified.   Since 1992, the so-called “Wednesday Demonstration” has been conducted in front of the Japanese Embassy in Seoul Korea, every Wednesday, and organizers collect donations.    However, after the publication of “Anti-Japan Tribalism,” many enlightened Korean youths led by Professor Lee Woo-yeon have counteracted and confronted against Anti-Japan activists at the same spot, face to face.*4   Although the Japanese Embassy has re-located, the surrounding area of the Statue remains as a mini battlefield between For and Anti Comfort Woman Statue advocates.   A similar movement occurred in front of the Japanese Consulate in Sydney every Wednesday.  However, since the Korean activists failed to set up a Comfort Woman Statue in the Sydney suburb of Strathfield in 2015, such activities faded away and eventually halted.*5


  5. Korea's claim about Comfort Women as Sex Slaves is a malicious lie
    On December 1, 2020, the American Legal Scholar, Professor J. Mark Ramseyer at Harvard University, published the well-researched paper, “Contracting for sex in the Pacific War,” explicitly explaining that Comfort Women were not Sex Slaves but wartime prostitutes during WWII.*6   Various primary sources support Ramseyer's paper.  Nevertheless, Ramseyer was viciously and emotionally attacked, and labelled a history revisionist by Korean supporters.  Ramseyer had called for written dissents from critics, but only a very few responded to Ramseyer’s request.   Recently, Ramseyer has written and published a paper, “CONTRACTING FOR SEX IN THE PACIFIC WAR; A RESPONSE TO MY CRITICS,” in which he demonstrated his research’s authenticity.


Briefly, I have explained the background and hidden agendas behind the “Peace Statue,” and I am sincerely asking you to acknowledge that Philadelphia has no relation to Korean War Time Prostitution.  Please reconsider building a false statue, which will bring no peace and happiness, but create negativity and hurt. Such negativity is unnecessary and creates unprecedented conflict within your community, as well as sending biased information about Japan to young children. Accordingly, Philadelphia is not a suitable place to display a "Peace Statue" in a public area. The Statue will not bring peace and harmony into your city, but hatred, division and unnecessary trouble. Philadelphia does not need such a negative monument. 

Thank you for your kind attention to my letter.


Yours faithfully
Sumiyo Egawa



*1 Ward Thomas D. & Lay William D.”World II Comfort Women Memorials in the United States,” E-International Relations Publishing, 2019.
*2 Brittany Levine. “Mayor Dave Weaver’s letter states regret about “Comfort Women” Memorial.” News-Press, November 2, 2013. 
https://www.latimes.com/socal/glendale-news-press/news/tn-gnp-xpm-2013-11-02-tn-gnp-me-letter-20131102-story.html
*3 Lee Yong-hoo, Joung An-ki, Kim Nak-nyeon, Kim Young-sam, Ju Ik-jong and Lee Woo-yeon. “Anti-Japan Tribalism.”  Tokyo: Bungeishunjū, 2019.  
*4 "South Koreans grapple with convention-busting bestseller on Japan."  NIKKKEI Asia.   https://asia.nikkei.com/Spotlight/Japan-South-Korea-rift/South-Koreans-grapple-with-convention-busting-bestseller-on-Japan
*5 The Strathfield Council members voted against the construction of the Comfort Woman statue in the public arena.  Australia is a multicultural society and values peace, harmony and tolerance.  https://www.smh.com.au/national/nsw/threats-insults-and-tyres-slashed-in-strathfield-over-comfort-women-memorial-20150814-giz7ri.html
*6 Ramseyer, J.M. “CONTRACTING FOR SEX IN THE PACIFIC WAR; A RESPONSE TO MY CRITICS.”
Harvard Law School John M. Olin Centre Discussion Paper No. 1075, February, 2022.
Ramseyer, J.M. “Contracting for sex in the Pacific War.” International Review of Law and Economics 65(2021) 105971, December 1, 2020, 






日韓併合時代の真実 英語版PDF完成について

 2021年10月1日

AJCN 代表兼事務局長 江川純世

10月1日、水間政憲氏著の「一目でわかる日韓併合時代の真実」PHP研究所をベースにして日韓併合時代について英文で記述した記事(A4サイズPDF)をGoogle Driveにアップし、誰でも参照、ダウンロードできるようにいたしましたのでお知らせいたします。翻訳作業はAJCNとしてではなくメンバー2名の個人的、ボランティアの作業としてスタートしましたが、誰でも読める形にして提供する意義が大きいと判断し、水間氏の許可をいただき完成したPDFをクラウドにアップロードして世界中の英語が理解できる方に無料で提供することといたしました。この告知を関係者に拡散していただければ幸いです。

  

 
      オリジナルの表紙                英語版の表紙


1.「日韓併合時代の真実」英語版刊行の目的

1)慰安婦問題、戦時労働者問題(いわゆる元徴用工問題)など日韓間の摩擦の根底には、韓国人が持っている日韓併合時代に対する偏った歴史観があり、これが韓国政府、韓国国民の日本および日本人に対する見方に大きな影響を与えています。日本側から(最近は韓国内学者の一部も)この時代に対する様々な修正的観点を提示する書籍の刊行、言動が行われていますが韓国人の理解が早急に進んでいるとは言えない状況です。水間氏の原著「一目でわかる日韓併合時代の真実」は既に絶版になっていますが、当時の写真、新聞記事などの一次資料を基に、比較的客観的に日韓併合時代とはどういう時代であったかを描写しています。思想的偏り、ねじれた歴史観の排除はAJCNの事実に基づく主張に沿うものであり、AJCNの発足の動機となったオーストラリアにおける慰安婦像設置問題に直接関係するものであり、この英語版が、英語が読める韓国人にひろく読まれれば韓国人の歴史観修正に寄与できると考えます。


2)日韓の軋轢(今回のオリンピックでも見られた韓国サイドからの旭日旗非難、様々な日本に対する執拗な中傷など)を世界の他の国がどう見ているかを鑑みると、その認識の際、日韓の歴史的関係に対する正しい理解があるのか危ぶまれます。しかしながら日本サイドからの歴史に対する情報発信は韓国に比し著しく少ないのが現状です。特に双方の同盟国であり、世界の覇権国である米国が両国のプロパガンダ戦の主戦場となっており、この著書を英語化することは英語が理解できる米国を含む他国民がこの時代に関する一次資料を基にした情報を直視する契機ともなり、日韓関係の根底にあるものへの正しい理解に導くことにもなると考えます。


2.構成(Part IとⅡ、参考文献リストの3部構成となっています)

Part I

読者を英語圏の人々及び英語が読める韓国人とし、東アジア近代史の予備知識を全く持っていないという設定とし、「日韓併合」からは「七奪」/「七恩」に焦点を置き、韓国側の主張に反論、及び韓国併合に至るまでの歴史的経緯と中韓関係の背景説明を記述しています。


Part II

絶版になっている水間政憲氏の「一目でわかる日韓併合時代の真実」そのものであり、当時の写真や新聞記事が豊富に掲載されています。当時の記事内容は現在に合うように編集してあります。固有名詞、例えば韓国人名・土地名の英訳は他翻訳者の文献などを参考にして統一性を取るようにし、オーストラリアに居られる韓国人の助言を受けたりして、なるべく標準的な韓国語の英語発音と綴りを採用しました。写真は原著(A5版)のものと同じで、A4版の編集となっていますので見やすくなっています。


3.アクセス方法

1)https://drive.google.com/drive/folders/13GINjmcFIMCrFtxfGrYy8-1AYyFc_F2M?usp=sharing

上記にアクセス(クリックして)ダウンロードができます。ファイルのタイトルは

The truth about Japan-Korea Annexation β version A-4  27 Sept 2021 Finalです。

2)「その他のアプリを接続...」ボタンを押して一覧の中から「Adobe Acrobat for Google Drive」を選んでインストールしてもらえば、開くまで時間がかかりますがプレビュー表示もできます。(他のアプリの中から上記のアプリを探してクリックしてインストールしてください。「目的」は真ん中のデータ参照をチェック)

なおAJCNがアップしたPDFは高解度写真を含み558Mとサイズが大きくダウンロードに3分ほどかかるため、今回の英語化のプロジェクトに賛同していただいたなでしこアクションさんが約14Mに圧縮して下記のサイトに置いていただいています。こちらはクリックすれば短時間で読めますのでご利用ください。

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2021/10/The-truth-about-Japan-Korea-Annexation-β-version-A-4-27-Sept-2021-Final_compressed.pdf


4.今後の予定

A5版の紙に印刷、本として刊行して、全世界の図書館、政府機関に配布したいと考えております。その際は寄付を募りますのでご協力よろしくお願いいたします。          

以上





ハーバード大学ラムザイヤー教授へのサポーティング・レター


2021年3月6日、AJCNは慰安婦問題に関する論文を書き反日韓国系団体やアメリカ人学者らの個人攻撃を受けているラムザイヤー教授に応援のメールを送りました。教授からは短いですが丁寧なご返事を受け取っています。

AJCNは歴史の捏造によって日本を貶める活動を、歴史の真実を一つ一つ発掘、公表することによって抑制しようとする運動を支援するとともに、オーストラリアにおいてその一端を担っています。



Subject: Supporting Letter from AJCN


Dear Professor John Mark Ramseyer, Harvard Law School,

I am President of Australia-Japan Community Network (AJCN ) confronting Chinese and Korean anti-Japan organizations in Australia on the issue of Comfort Women since April 2014. You wrote the treatise about Comfort Women issue and many people supporting Korean baseless insistence on which Comfort Women were sex slaves abstract you personally not by logical counterargument.

We, AJCN want to support you in every aspect.

This is English version of our article in blog.

http://jcnsydney-en.blogspot.com/

 

I believe it contains contents that you can use as a reference when writing your counter-arguments.

I think  the articles below are the ones that are most strongly related to your opinion, so please read them.

 

A letter sent by AJCN to the Mayor of Mitte, Berlin

http://jcnsydney-en.blogspot.com/2020/10/a-letter-sent-by-ajcn-to-mayor-of-mitte.html

 

Letter to Melbourne Mayor

http://jcnsydney-en.blogspot.com/2020/01/letter-to-melbourne-mayor.html

 

Best Regards,


Sumiyo Egawa

President,

Australia-Japan Community Network





AJCNよりベルリンのミッテ区区長に送った手紙

2020年10月20日にAJCNよりミッテ区区長あてに慰安婦像撤去を要請する二つの手紙を送りました。

一つは市民目線で豪州での慰安婦像問題に焦点をあてたもの、もう一つはFactベースの歴史的記載(リファレンス付き)をメインにしたオープンレター形式のものです。このブログではオープンレターを公開します。



Open Letter


October 20, 2020
Mr. Stephan von Dassel
The Mayor of Mitte city 
Der Bezirlsbürgemeister,
Bezirksamt Mitte, Berlin Germany
bezirksbuergermeister@ba-mitte.berlin.de


Dear Mr Dassel,

Re: Comfort Woman Statue: A means for discounting, isolating and exploiting Japan

C:\Users\Owner\AppData\Local\Temp\enhtmlclip\Image(1).png
Figure 1. The opening ceremony of the Comfort woman Statue in front of the Glendale Central Library, Glendale California, the US; A woman holding a large portrait of the Japanese Prime Minister, Shinzou Abe with a Hakenkreuz (Swastika) on his face, propagating Prime Minster Abe as Adolf Hitler, July 31, 2013.


Introduction
My name is Sumiyo Egawa, a resident of Sydney Australia, and the President of Australia-Japan Communication Network (aka AJCN).  AJCN is a small volunteer group of Australian and Japanese parents, who are concerned about the safety and security of the minority ethnic groups’ children live in Australian.  The current activity of AJCN is mainly, protecting children of Japanese heritage from schoolyard bullying by other children who might be misinformed and misguided by Anti-Japan propagandists, in particular activists affiliated with Chinese and Koreans groups.
The purpose of writing this letter to you is to express my, the AJCN members, and many other Japanese (in and outside of Japan)’ disappointment and sorrow at the news that you have withdrawn the previous decision to remove Comfort Woman Statue from your city, the Mitte District of Berlin.   Your decision enables the Korean group to continue propagating their ambitious, corrupted and commercialized political Anti-Japan campaign until the Court's decision is delivered.  Through this letter, I am trying to explain the truth behind Comfort Woman Statue in order to avoid engulfing Mitte, an unrelated city, into an ugly dispute over Comfort Woman Statues, a matter of contention between Japan and Korea. 


Korean Comfort Women were Well paid prostitutes during WWII
Firstly, please consider the context that all “evidence” that Koreans claim support that the Imperial Japanese Military Force kidnapped 200,000 Korean girls and made them as sexual slaves (euphemized to Comfort Women during WWII) are based on malicious lies, designed to harm and discount Japan’ reputation.  
These Korean wartime prostitutes earned attractive amounts of incomes (equivalent or more than a Japanese Army Colonel’s income; for example, Ms Moon Okuju, one of the Ex-Comfort Woman’s bank account balance shows that she could buy three free-standing houses in Tokyo in the 1940s, attached Photo. 4) and worked at various brothels in Asian war zones*1.   The Imperial Japanese Military did assist and protect these prostitutes' movements from the Korean peninsula to various brothels and vice versa as there were no sufficient and safe means of transportation during the war.  The Japanese Army was also concerned for these prostitute’s welfare and health.  On the other hand, there were no major violent incident or mistreatment against prostitutes by the Japanese Military.  There was No major violent incident between prostitutes and Japanese soldiers reported in newspaper articles, official documents and primary sources available, except for one isolated case in Indonesia.  The Japanese Government has officially admitted the Semarang incidents in the Dutch East Indies, in where Ms Jane Ruff O’Herne and some other Dutch women were forced into prostitution by a few Japanese soldiers.  The Japanese Government has apologized and compensated those Dutch women, and the Japanese soldiers involved in this case were severely punished, and one of them was sentenced to death by hanging.  The late Ms Jane Ruff O’Herne was the only Ex-Dutch Comfort Woman, who campaigned against Japan with the Korean Anti-Japan propagandist group.  

クライブ・ハミルトン著『サイレント・インベージョン』日本語版発売記念プレゼント企画 当選者発表!

 2020年9月12日

NSW州に住んでおられる方々を対象とした『サイレント・インベージョン』日本語版「身に見えぬ侵略―中国のオーストラリア支配計画」15冊のプレゼント企画は、8月末に締め切られました。90人を超える方々が応募され、抽選の結果下記の15名の方が当選されました。(敬称略)

当選者へは発送済みです。万一着いていない場合はご連絡ください。

tomo(Yahoo)、Kikumasa、Tomo(gmail)、Tosh、かげまる、Yoshi、かずとも、738、アニータ、Buka、シンゴ、アレクサンダーちゃん、Yukky、Chiz、いかちゃん


なお今回のイベントには翻訳プロジェクトの和田プロデューサーと翻訳者奥山真司様、出版元飛鳥新社の全面的な協力をいただきました。また著者のハミルトン教授もこのイベントについて賛同いただいております。この紙面で協力いただいた関係者の方々にお礼申し上げます。





Cheers AJCNコラム位置変更について

 

シドニーのフリーペーパーであるCheersには毎月AJCNのコラム「AJCNのオーストラリア通信」が掲載されておりますが、編集部の編集方針の変更により、月次の紙面からCheersウェブサイト上に用意された、自由に記事を書き込めるブログスペースにコラムの位置が変更になりました。シドニーの情報メディア(フリーペーパー)はコロナ禍で一紙を除き、ほとんどが紙媒体での月次刊行を取り止めております。Cheersはデジタル版の月次号も作成して、ウェブサイトから読めるようになっていますが、目的の記事までそれなりのステップを踏まねばならないため一覧性に欠け、読者が容易に読むことができません。Cheersと並び発行部数の多い日豪プレスは月次号の作成を止め、ウェブサイトでの情報提供に統一しています。AJCNとしてはCheers編集部からの申し出を歓迎し、従来の月一より多い頻度で情報を発信し、AJCNの公式ブログと同期したリアルタイムでの記事提供を目指します。Cheersのコラム記事へのアクセス方法については別途連絡いたします。